注文住宅を売る場合の価格

注文住宅を売る場合は、不動産会社が査定を行ってから売却金額を決めます。マンションよりも通常、複雑な査定になります。不動産会社によっても担当者によっても、売却金額の見積もりが違ってくるのが普通です。算出方法そのものが異なる場合もあります。そのため注文住宅の売却を考えるなら、不動産会社の評判も調べる必要があります。担当者によっては、数百万円から数千万円の開きが出ることさえあります。一般的な売却金額の算出方法には、主に2つの内訳項目があります。まず内訳の一つが積算法で、この場合、土地価格と注文住宅の価格を分けて算出します。土地の価値と建物自体の価値を合わせたものが、査定価格です。次が取引事例比較法です。この方法では、これまでの取り引き事例を参考にして、価格を算出します。この内訳項目では、近隣の注文住宅の取り引き例と比較するという特徴があります。そのため、妥当な価格が導かれることが多くなります。ただし住宅にはそれぞれ個別性があるため、両方の方法によって査定価格を算出し、それらを比較してから、最終的な注文住宅の売却価格を決定するとトラブルになりません。不動産会社を選ぶ際は、両方の算出を行う会社を選ぶことが望ましいです。

注文住宅の必須情報

↑PAGE TOP

Menu