• トップ /
  • 注文住宅の売却で使われる計算

注文住宅の売却時の査定について

注文住宅の売却で使われる計算

注文住宅を売る場合の査定金額

注文住宅の売却を考える場合は、通常、不動産会社に査定金額を算出してもらうことになります。この時に用いられる計算方法には、主に2種類あります。まず周辺エリアでの取り引き状況を確認し、その売却金額と比較してから、査定金額を出す方法です。注文住宅の取り引きでは、これを事例比較法と呼んでいます。これまでの売買された実際の金額と比べるため、納得できる査定額になることが多いです。同じ築年数の住宅でも、交通状況などその土地独自のメリットがあります。そのため、注文住宅をこの事例比較法で計算することは妥当と言えます。次に、住宅価格と土地価格を分けて計算してから、後で合計するという方法もあります。これは積算法と呼ばれ、多くの不動産会社が採用している計算方法です。さらに注文住宅の売却では、一つの不動産会社だけでなく複数の会社で見積もりを出し、それぞれの査定金額を比べた方が損をしません。不動産会社は住宅の売買のプロですが、会社や担当者によって、査定額に数千万円以上の差が出ることさえあります。従って注文住宅を売る場合は、評判が良く、信頼できる不動産会社を見出すことも重要となります。評判やこれまでの実績はインターネットで調べることも可能です。

注文住宅の必須情報

↑PAGE TOP

Menu