• トップ /
  • 金銭面から見る注文住宅

少しでも高く注文住宅を売る方法

金銭面から見る注文住宅

注文住宅を高く売るコツ

注文住宅を少しでも高く売却するコツは、周辺相場と十分に比較することです。まずは不動産会社に査定をしてもらうことから始めますが、査定額は周辺相場の価格とは限らないため会社によって開きがあります。査定をするときに必要な情報は注文住宅の築年数や間取り、土地価格など様々なファクターを集めて考慮しています。相場価格に近づけるためには物件の周囲の状態を正しく知ったうえで査定を行うと、より理想とする価格に近くなっていきます。いくつか不動産会社に査定をお願いした場合一番高額なところに頼みたいのが売り主の心理ですが、実際に決めるのは自分自身です。しかしあまりにも売却価格が周辺の相場と比較してかけ離れている場合は、いつまでたっても売れずに残ってしまいます。できるだけ買い手の想定金額も考慮して周辺相場から逸脱しないような価格以上にしたい場合は、何か付加価値をつける必要があります。例えばコンビニまで歩いて5分とか駅やバス停まで近いといった情報は、注文住宅を売却するときの強みになります。便利な環境のところは少しぐらい高くても欲しいと思うのが買い手の心理であり、他の売却物件と比較した結果購入する決め手になりえます。

注文住宅の必須情報

↑PAGE TOP

Menu