• トップ /
  • 注文住宅の売却にかかる費用

注文住宅を少しでも高く売るなら

注文住宅の売却にかかる費用

注文住宅を高く売る方法

注文住宅の売却では、できるだけ高く売ることが重要になります。しかし、高く売ることばかりに気を取られていてもいけません。なるべく費用をかけずに売却をするということも重要です。注文住宅の売却でかかる費用として、一番高額になりやすいのは仲介手数料になります。3000万円という売却価格になったなら、およそ106万円の仲介手数料が最大でかかります。仲介手数料を節約する交渉をするのも良いですが、不動産会社が販売活動を手抜きする可能性もあるので、なるべく満額支払っておいたほうが良いという意見もあります。譲渡所得が発生する場合には、所得税・住民税についても計算をしておきましょう。注文住宅の売却では、3000万円控除の特例が利用できますので、譲渡所得から最大で3000万円を控除できます。むしろ、譲渡によって損失が出るケースのほうが多いでしょう。損失が出た場合にも、特例を利用して損益通算ができるという制度もあります。しかし、3000万円控除の特例や、損益通算の特例をあえて使わずに、新しい家の住宅ローンで減税を受けるという選択肢をとる人もいます。このあたりのことはかなり複雑になっていますので、しっかりと費用について調べておきましょう。

注文住宅の必須情報

↑PAGE TOP

Menu